乳酸菌サプリ ランキング

ビフィズス菌

ビル

この頃注目を浴びている乳酸菌。
腸の働きを整えるだけでなく、病気予防に効果があるとか。

乳酸菌、ヨーグルトと言って、最初に思い出す菌といえば何でしょう?
ビフィズス菌が揚げれるのでは?

多くの人が、乳酸菌、そして善玉菌といえば「ビフィズス菌?」
と思うほど、メジャーな菌。
糖を分解し、乳酸や酢酸などを作る菌です。
善玉菌として腸内で活躍し、腸内環境を整えているほか、
最近の研究では、花粉症の症状緩和等にも効果があるといわれています。

ビフィズス菌が発見されたのは、母乳を飲んでいる赤ちゃんの便からとか。
牛乳等乳製品を取りすぎると、おなかがゴロゴロする大人がいます。
しかし、赤ちゃんはどうでしょう?
特に生まれたばかりの子を、乳幼児というように、乳を主食として、
一日に何度も飲んでいます。
たしかに、生まれたばかりの便は、大人のゆるいそれに似ていますが、下痢ではなく、正常な便です。
しかも、成長とともに離乳食を食べることもあり、大人と同じようになっていきます。
ただ、1歳前後までは母乳やミルクをメインとしています。
なのに、下痢ではない。
それは、赤ちゃんの腸の中、特に母乳を飲んでいる子には、
ビフィズス菌が多く含まれているからだそうですよ。

ビフィズス菌が糖を分解し、常に腸の中が酸性状態に保ちます。
そうすることで、病気を招く菌の増殖を防ぐ役割をしているとか。
だから、母乳を飲んでいる子は、病気をしにくい
といういい方もされてきました。
ただ、最近のミルクにも、ビフィズス菌を増やす働きの物質を取り入れる等で、
いわゆる「人口栄養」の赤ちゃんの腸にも、ビフィズス菌が増えている
という調査結果もあるそうですよ。

菌の名前をもじって、沢山の商品や医薬品も販売されています。
整腸剤のビオフェルミンは、赤ちゃんも飲めるお薬です。
ビヒダスやナチュレ恵は、ヨーグルト。
飲み物の、ヤクルトのミルミル。
他にも、サプリメント等も、多く販売されているようです。